前へ
次へ

派遣での働き方でも正規雇用を目指せる

紹介予定派遣というのがあります。
これは6か月後に人材紹介として直接的に雇用されるということを前提にして行われる派遣の労働の仕方ということになります。
基本的にはそのまま働くということになるのですが、双方の合意に基づいてやっぱりやめるということは可能ではあります。
最終的に正規雇用になるという点においてやや特殊な感じではあるのですが、それでもメリットが多くあるといえるでしょう。
安定している雇用を目指すというのであれば、それが最高ということになりますが、あくまで一般的な派遣社員という形で働き、期間がきたらまた別のところへ、というのであれば普通のタイプのものにしたほうがよいでしょう。
選択肢はいくらでもあるといえるわけですからじっくりと探してみると良いでしょう。
いくらでも需要があるのは確かですがスキルを生かすことによってより高い報酬を得ることができるでしょうから、そのあたりを意識して探してみるとよいでしょう。

Page Top